任意整理とは

任意整理とは、債権者と交渉し、債務額の総額を減らしたり、月々の分割契約をさらに割って、月の返済額を減らしたり、将来分の利息をカットするなどの、債権者と和解に持ち込むまでの交渉・手続きのことを言います。


この交渉は、個人再生や自己破産などと違い、裁判所が間に介在しません。


利息制限法と出資法の罰則規定のズレから生じた過払い金などを計算なども並行して行い、貸金業者と専門家が話し合います。


奨学金に関しては、3ヶ月以上返済を滞納すると、事故物件として登録されます。


なので、奨学金なので軽くみて、返済が滞ると、ローン組みに悪い影響を及ぼしかねないので、ご留意してください。


場合によってはゼロにもなりますし、過払い金請求によって、むしろお金が増えることもあります。


しかし、一部の債権者は任意整理に応じないなどのこともあります。


なので、特定の会社だけを除いた任意整理や、一社だけの任意整理などもよくあります。


通常は、3年を目処にした返済計画を立てます。


任意整理は裁判所を介さない手続きですので、条件というよりは、”任意整理に応じてくれる債務者の傾向”と表現した方が適切ですが、まず安定した収入があることが第一です。


収入から生活に必要な金額を引いて、可処分所得を計算します。


この可処分所得内で月々の返済額が決定されます。


まず、家族にばれにくいです。


裁判所を介さず、家族の所得の源泉徴収票などを用意する必要もありませんし、財産を処分する必要もなにひとつありません。


デメリットとしては、個人再生のように大幅な借金の減額や、自己破産などのように完全な免責からは程遠く、借金総額が他の債務整理方法の様には変わりません。


個人再生とは、正確には個人民事再生といい、民事再生法という法律にのっとり、裁判所に申し立てることによって借金を最低弁済額まで引き下げてくれる制度です。


たとえば、300万円借り入れていたとして、その元本を100万円まで減額し、原則3年間で、可処分所得内で無理なく返済できる計画をたてます。


任意整理は債権者の同意が不可欠ですが、個人民事再生は執行の強制力があります。


任意整理で借金が減額する仕組みと減額されない時の対策